逆子治療について|鍼灸サロンやわらぎ

妊婦さんのための鍼灸

妊婦さんのための鍼灸 - 逆子治療について

逆子治療について

逆子とわかったら、なるべく早めにご連絡ください。

女性イラスト

28週前後までは赤ちゃんはお母さんのお腹の中でくるくる動きまわっています。30週までの赤ちゃんは体重が1.500gくらいですが、40週までの10週の間に3000g前後に成長し、約倍近くの脂肪がついてきます。

時期が早い方が赤ちゃんが回るためのスペースも広く、治療効果も上がってきます。
28週以降で逆子でしたら、できるだけ早く逆子治療を試されることをお勧めします。

■逆子になる原因とは

こんな症状ありませんか?

逆子の原因は、子宮が狭い・冷たい・硬いなどの理由で、赤ちゃんが動けない状態にあることがあげられます。
本来は、器質的な問題がなければ、妊娠後期に入ると赤ちゃんは自分の頭の重みで下向きになります。ところが、子宮が狭い・冷たい・硬いなどの状態ですと、赤ちゃんが自由に動くことが出来ずに頭が上のまま大きくなって、下向きにならずに逆子になります。

このような子宮環境のお母さんの特徴は、身体が冷えている、骨盤がゆるみ過ぎて歪んでいるなどの理由で、
肩が凝る、お腹が張る、腰が痛い、お尻が痛い、冷え性、むくみがひどい、疲れやすい、
etc…このような身体の不調があることが多いです。

身体が冷えていると…

逆子の原因のひとつ「冷え」の認識は広がってきている通り、お母さんの身体が冷たいと、骨盤が硬くなって内臓の血流が悪く、子宮も硬くなって赤ちゃんが動けません。
お尻やお腹を触ってみて、掌の方が温かいと感じたら、腹巻・ホッカイロ・レッグウォーマーなどで充分に温めてください。

骨盤の歪みやゆるみ過ぎがあると…

お腹を支えるための腹筋や足の内側の筋肉が弱く、骨盤がゆるみ過ぎて歪んでいるため、お母さんの身体に肩こりや腰痛、むくみなどの不調が出やすいです。
お腹の位置が下にあるため、子宮が狭くなって赤ちゃんが動けません。
骨盤ベルトなどで下垂と歪みの予防をしてください。

■逆子治療について

お母さんがリラックスした状態で治療を受けられますよう、施術を心がけております。

当治療室では、まずお母さんの身体の状態を改善することから始めます。
通常の鍼灸整体治療と同じように、お身体の状態をしっかりと拝見し、逆子になった原因から改善していきます
鍼灸整体治療でお母さんの身体を整え、子宮を柔らかく、前後左右から真ん丸にしていくことで、赤ちゃんが動けるスペースを作ります。
環境が整ったところで、逆子に効果的なツボ「三陰交(さんいんこう)」と「至陰(しいん)」に鍼灸治療を行います。

ツボのイラスト

治療に使う鍼は髪の毛ほどの細い鍼を使用し、やさしい治療で身体を整えていきます。
至陰のツボへは米粒の半分ほどの大きさのお灸をしていきます。このお灸は3~6回ほどチクッと感じるお灸を行います。

なるべくお母さんがリラックスした状態で治療を受けられますよう、施術を心がけております。
鍼灸治療がはじめての方、またご不安を感じる方は、充分なご説明と、痛みや熱さを確認しながらゆっくり治療を行いますので、いつでもご相談ください。

■治療の進め方と通院間隔

週数が進むと、赤ちゃんが大きくなり逆子が戻りにくくなります。
32週以降の方は、なるべく間隔を詰めた治療をお勧めします。

通院間隔

次回の検診日に合わせて、1週間以上間隔が空かないように治療を行います。

■逆子治療の効果

逆子がなおる・なおらないの結果は、器質的な問題の有無や、お母さんの身体の状態によって個人差があります。

胎児が小さい早めの時期の方が治療効果は上がりますが、まれに36週前後で治る場合もあります。お一人おひとりのお身体の状態によって結果が変わりますので、まずは一度治療してみる必要があります。
冷えや身体的な問題がないお母さんは、身体のバランスが整いやすく、1~2回でなおりやすいです。

治療回数がかかる、または逆子が治りにくい例

●はじめからずっと逆子・横向きのまま
●赤ちゃんの膝が伸びている
●骨盤がゆるみ過ぎて、子宮の位置が下
●胎盤の位置が下の方にある
●お腹がすぐ張ってしまう

逆子治療における効果は自然の力によるもので、妊娠週数や個人の体質により必ずしも100%ではありません。臍帯と骨盤の位置関係や骨盤の形、母体の内部環境などで、逆子の状態が胎児や母親にとって一番いい胎位であることもあります。その場合は逆子治療を行っても逆子は戻りません。

■1回の所要時間について

初めてお越しいただいた方

はじめてお越し頂いた際は、お身体の状態を充分に話していただき、その上で問診や触診を行ってから施術に入ります。

また、施術後はお身体の状態を詳しくご説明し、ご自宅でのケアなどをお話させていただくため、お越し頂いた時間からお着替えなども含めて、治療時間の他に45分前後お時間を頂いております。(かかる時間はお一人おひとり異なります)

逆子治療60分

当治療室では、まずお母さんの身体の状態を改善することから始めます。
鍼灸整体治療でお身体の状態をしっかりと拝見し、逆子になった原因から改善していきます。
そのため、腰痛や肩こり、疲れやすいなどのお母さんの身体の不調も一緒に楽になるなど、妊娠期のマイナートラブルの改善にもつながります。

鍼灸整体治療+逆子治療70分

逆子で、さらにお身体の不調が多い、または腰痛や臀部痛、むくみがひどいなど自覚症状が強い場合は、通常の鍼灸整体治療と併せた逆子治療が有効です。
逆子治療45分よりも、よりしっかり全身治療を行うことでお母さんの不調を改善していきます。お母さんの身体が楽になって、子宮の環境も安定することで赤ちゃんもよく動くようになります。

■ご自宅でのケアについて

治療と合わせて、ご自宅ではお灸を行っていただきます。
また、生活改善などのご自宅で取り組めることがありましたら便宣アドバイスさせて頂きます。

治療と合わせて、ご自宅ではお灸を行っていただきます。
逆子に効果的なツボ「三陰交」と「至陰」、またお一人おひとりに合わせて必要なツボがあれば一緒に行って頂きます。
お灸のやり方や注意点など、詳しくご説明いたします。また、生活改善などのご自宅で取り組めることがありましたら便宣アドバイスさせて頂きます。

妊娠期のケアの必要性 マタニティ鍼灸整体治療 安産灸について

よくある質問

鳥
どのくらいの週数まで治療はできますか?

ご出産直前まで治療できます。

38週を過ぎての治療の場合は、お付き添いの方とご一緒にお車でお越しください。 予定日超過で陣痛がこない場合も鍼灸治療の適応となりますので、鍼灸治療はお産の直前までお受けいだけます。

出血があったのですが、治療は受けられますか?

出血があった場合、治療はお受け出来ません。 まずは安静にして頂き、出血がおさまって数日経過して安定しましたらお受けいただけます。

安定期前(16週前)ですが、治療は受けられますか?

安定期前でも治療はお受け頂けます。ただし、お身体が不安定な時期でもありますので、当院では一度担当の婦人科医にご確認いただき、了承を得てから治療を受けられることをお勧めしております。

店舗イメージ

〒224-0032
横浜市都筑区茅ヶ崎中央21-11
ソレーユ南3階302号室

電話番号 045-315-5111
診療時間 10:00~20:00
定休日 月曜日
アクセス センター南駅1番出口から徒歩5分

お問合せ

ページの先頭に戻る